社会とともに歩む 東京大学オフィシャルショップ 東京大学コミュニケーションセンター

HOME > UTCCとは?

UTCCとは  about UTCC

■東京大学コミュニケーションセンターとは
The University of Tokyo Communication Center (UTCC)

UTCCは、東京大学と社会・世界との双方向のコミュニケーションのための拠点として、2005年3月にオープンしました。研究成果を活用した商品(東大サプリメント、御酒(泡盛)、東大ワイン等)や、コミュニケーション・マークを配したオフィシャルグッズ(ステーショナリー、革製品等)を販売しています。

東京大学の在学生が中心となって運営する店舗では、グッズ類の販売だけでなく研究成果を展示するなど、東京大学を訪れた方々を温かくお迎えする様々な機能をご用意しています。

■東京大学コミュニケーションセンターの商品

UTCCで販売されている商品は、大学と社会を親しくつなぐツールです。東京大学の最新の研究成果や東京大学の保有する貴重な史料を活用した商品や、コミュニケーション・マークを配した良質のステーショナリー・小物類など、これまで以上に東京大学に親しんでいただけるような商品を続々と開発・発表してまいります。

■コミュニケーション・マーク

各商品に配されたコミュニケーション・マークは、「社会とともに歩む」東京大学の新しいアイデンティティを表現しています。コンセプトは「知性の顔」。モチーフは「The University of Tokyo」の頭文字UTを使用し、自由で開かれた新しい東京大学の顔にしました。笑顔・交流・期待感を表現しており、世界に向けて微笑んでいます。

■沿革

2004年11月 仮オープン
2005年3月 UTCC(本郷)正式オープン
2013年3月 IMT Boutique+UTCCオープン